特徴や症状

顔をしかめる女性

急に、何かの拍子で恐怖を感じてしまう人がいます。過去に受けたいじめや暴力、そして犯罪に巻き込まれた記憶などが原因で心に傷を負ってしまいます。もしくは、突然発生する自然災害や火事、交通事故などに巻き込まれて記憶に深く刻まれてしまう人も数多くいます。そのようなトラブルに巻き込まれてから数ヶ月、数年という長い時間をかけて忘れようとしても、急に思い出してしまうことがあります。その記憶が原因で、恐怖感が緊張感や不安を呼び起こし、目眩や頭痛などの症状が現れます。また、強い恐怖感や不安が継続してしまい、充分に睡眠がとれなくなる症状も引き起こしてしまいます。満足に食事や睡眠が取れない時や、体の不調が長期間続いてしまった場合は、ptsdに当てはまります。

ptsdとは、英語のPost Traumatic Stress Disorderの略称です。日本語に訳すと、心的外傷後ストレス障害のことを意味します。特に、自身の身に危険が迫り、どうしようもない圧倒的に強い力や恐怖に支配された経験のある人に起きやすいです。人によって、恐怖などの経験は様々なので、誰にでも容易に発症する可能性がある症状といえます。見た目が屈強な人も、時間とタイミングによってptsdを発症してしまうケースがあります。時と場合によって、急に恐怖に思う出来事は発生してしまいます。そのような体験をした人たちにとっては、自然な反応です。人によっては、ptsdの症状に気付かない事があります。急に目眩や頭痛等を発症して、体調不良と思ってしまいそのままにしてしまう人もいます。目眩や頭痛の症状が継続してしまい、原因がptsdであると判明した時は、自身と家族や親しい人たちにとってつらい経験となります。早期発見のために、体調不良になった場合は、過去に何か関係していることを疑ってみることから始めるのが最適です。

ptsdの症状は、体調不良以外にも特徴的な症状があります。日常生活の中で、過去に巻き込まれた何らかの恐怖体験が再現されたところに遭遇してしまう場合があります。この時にフラッシュバックで思い出してしまい、精神的に不安定になってしまうのが再体験症状です。また、急に精神的に不安定になり、喜怒哀楽の感情がコントロール出来なくなってしまうケースもあります。さらに、何度も同じ恐怖などの体験を思い出し続けることや、睡眠時に悪夢として何度も見てしまう症状もあります。こうした症状が現れると、過去のトラウマと同じ出来事を思い出すような状況を避けようとする気持ちも現れます。回避行動がひどくなっていくと、感情の麻痺や記憶喪失に繋がってしまいます。その他の症状では、周囲が危険と感じてしまう程の過覚醒に陥ってしまうケースもあります。常に警戒心を抱き続けてしまい、イライラやストレスが溜まりやすくなってしまいます。過覚醒となると、常に警戒心をもつ状況が続くので、満足に眠ることが出来ずに、睡眠不足を併発してしまいます。

ptsdの症状を患ってしまった場合は、相談できる施設や窓口はたくさんあります。過去に犯罪に巻き込まれてしまったことで恐怖心が芽生えてしまい、それが原因となっている場合は、犯罪被害者の会などの窓口にも相談できます。その他のつらい経験によるptsdが引き起こされた場合は、居住地域内にある精神保健福祉センターの相談員や、心療内科に相談をするのが最適です。ptsdに詳しい専門家がカウンセリングを通して、少しずつ改善に向けて助力してくれます。心理的なところからのアプローチで、ptsdの症状を改善していく事がほとんどです。精神科や心療内科によっては、医学的や科学的な観点から症状を無くしていく場合があります。ptsd特有の症状が現れたら、積極的に利用してくのが最適です。