光トポグラフィー検査

医者と看護師

ptsdは、時間やタイミングによってだれにでも現れる症状です。症状が長期的に続くケースがあるため、自然に完治するのが難しくなります。完治する為には、精神科や心療内科が併設されている医療機関等を利用するのが最適です。医療機関によっては、先進医療技術でptsdの症状を検査して改善に役立てていくところがあります。光トポグラフィー検査では、最新の技術で客観的に患者の症状を見ることができます。光トポグラフィー検査は、数分で診断結果が出せる検査です。専用の特殊な医療機器を用いて検査を行います。患者の頭部に、安全な近赤外光を照射して、頭部を流れる血管内の血流を測定します。近赤外光を照射しながら、専門家が数回患者に質問をして、返ってくる答えと血流の変化などを検査します。検査前の問診と検査結果から、どのような症状であるのか、また改善するためには何が必要なのかを総合的に判断します。この検査では、ptsdやうつ病、躁うつ病、総合失調症などの症例も判別することが出来ます。

光トポグラフィー検査は、専門的に受け付けている機関で予約をして検査を受けることが出来ます。初めて光トポグラフィー検査を受けるptsd患者のために、説明書きもインターネット上の公式サイトで閲覧することが出来ます。光トポグラフィー検査についての詳細な説明は、検査当日に専門家の方から説明があります。この時、現在の状況や困っている事も同時に相談が出来ます。光トポグラフィー検査に用いられる専用機器も、大掛かりなものではありません。簡単なヘッドギア状の機器を頭部に装着、固定して検査していきます。検査時に行われることは、ヘッドギア状の機器から出る近赤外光に照射されながら、専門家の方からの簡単な質問に答えていくだけです。質問内容を考えた時に、大脳を流れる血液の量がどれくらいまで増えているのかをチェックしていきます。質問内容はランダムで出題されるので、検査を受けに来たptsd患者それぞれに行う質問内容は異なってきます。

光トポグラフィー検査は、比較的早めに検査を終えることができるので、検査結果をその日のうちに受け取ることが出来ます。そのため、郵送や次回通院時に受け取る手間が省けます。検査結果は、大脳などの頭部を流れる血液量を線グラフ上に記載されているものを受け取ります。専門家の方からの詳しい説明を受けることも出来ます。検査結果の用紙が余分に必要となった場合は、無料でコピーを用意してくれます。検査は完全予約制となっている場合がほとんどです。検査費用やその他の注意事項の内容などは、公式サイトに掲載されているので、検討している場合は事前に連絡をして相談してみましょう。